入院・お食事

入院について

  • 院内では無料のWifiがご利用になれます。
  • 入院室はすべて個室(トイレ付き)です。特別室をご希望の方は事前にお申し出いただきますが、満床の場合はご希望に添えない場合もあります。ご了承ください。
  • ご出産後は母児同室となります。付き添いのご心配はいりませんが、ご希望の方は入院時にお申し出ください。
  • 医師の許可後、ビューティールームでシャワーがご利用になれます。
  • お食事はすべてお部屋でお召し上がりいただきます。
  • 面会時間は 午後3:00~9:00 です。
    ご主人・上のお子さま・ご本人またはご主人のご両親は、午前7:00~午後9:00です。
    患者さまの治療や各種指導、安静が必要な場合など、面会時間内でも退室をお願いすることがあります。
    産後のお母さまの回復や赤ちゃんの感染予防のため、大人数や長時間のご面会はご遠慮ください。ご協力をお願いします。

入院日数と費用

■正常分娩の方は出産後5日目、帝王切開の方は6日目の退院となります。

出産は病気ではないため健康保険は使えませんが、異常分娩の場合はその一部を保険で取り扱えます。

正常分娩の場合
約550,000円/出産育児一時金420,000円+差額
帝王切開の場合
約550,000円/出産育児一時金420,000円+医療保険自己負担分

出産育児一時金=出産費用の負担を軽減する制度で、加入している健康保険証の発行機関から支給されます。

  • ※時間外、深夜・休日、無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)は加算されます。
  • ※無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)の費用は、開始する時間帯によって金額が異なります。
    診療時間内-70,000円 時間外-80,000円 深夜・休日-90,000円 (各税込)
  • ※産科医療補償制度加入保険料を含んでいます。当院は産科医療補償制度の加入施設です。
    産科医療補償制度=重度の脳性麻痺になった赤ちゃんがもしも生まれ、一定の要件を満たしている場合には、所定の補償金が支払われる制度です。
  • ※帝王切開などの高額な保険診療が予定されている方は、高額医療費支給制度がご利用になれます。
    加入されている医療保険者に「限度額適用認定証」を申請し、入院日までに受付へ提出してください。

入院中のお食事

入院生活がよい思い出となるよう、そして産後疲れの回復が早まりますよう、厨房スタッフ一同思いを込めてお食事をお作りしています。旬の食材を使い、和食、洋食、中華とバランスのとれた料理を楽しんでいただければ嬉しく思います。

3時のティ-タイムやお祝い膳には、手作りのお菓子なども召し上がっていただいています。

  • お祝い膳
  • 洋夕食
  • 和夕食
  • おやつ